「滝沢サイクルパークカップ」でレースデビュー!

現在全国的にBMXレースが開催されている中で「BMXレースを楽しんでいるライダー全員のニーズを満たせるイベントは出来ないだろうか?」と、滝沢サイクルパークは考えました。


楽しそうでレースに出てみたいけど、あまりのレベルの違いに気後れした方もいらっしゃると思います。また、もっとハイレベルなレースをしたいと思うようになったライダーもいると思います。


そこで秩父滝沢サイクルパークでは「全レベルのライダーが満足のいくBMXレース」を開催することを目標に「滝沢サイクルパークカップ」を開催致します!

大会当日の風景を記事にしましたので、併せてご覧ください😊



滝沢サイクルパークカップ・テストイベント

天候不順の場合、日程を変更して開催するまたは中止とさせて頂く場合もございます
イベント開催時間中、参加者以外BMXコース走行が出来なくなりますのでご了承ください



タイムスケジュール

13:00〜14:00 スタートゲート練習
14:00〜15:00 個人タイムトライアル
15:00〜16:00 出走グループ確定後レース開始



参加資格

個人でBMXを所有していること
スタートヒルを降りられること



クラス分け

個人タイムトライアルにて集計したリザルトによりクラス分けを行います
詳しくは下記レースフォーマットをご覧ください



参加費

1500円/人

当日受付にて支払い頂きます
コース受付時にお申し付けください
別途コース使用料がかかります



エントリー方法

WEBエントリー

※当ブログにてご案内させて頂きます


注意事項

トランスポンダーの用意の関係上、原則大会当日エントリーはできません
レーススタッフ以外のコース内への立入りはできません
レース終了時、トランスポンダーの返却をお願いします
トランスポンダーを紛失した場合は実費を頂戴いたします
レース終了までBMXコースは一般開放が出来なくなりますのでご了承ください

※保険は各自ご加入ください


大会特別ルール

スタートゲートがひとりで利用できないライダーのみ保護者の同伴可能(本人がひとりで出走できるようにするためのアシストの意味です)
タイムの再計測は転倒の場合など協議の上決定します
トランスポンダーを装着するため、ナンバープレートは不要です

レースフォーマット

今までに無い、全く新しいフォーマットでのレース形式となります!

  1. 練習終了後、各個人のタイムトライアルを実施します。この計測結果に基づいてクラス分けを致します。これにより同タイム=レベルの近いライダーを同クラスとして振り分けます。
  2. 計測結果はホワイトボードに掲示され、それと同時にモトシート(出走シート)が掲示されます。
  3. 14時になりますと、スタートヒル入口にて出走クラスの呼び出しがされますので、ライダーはスタートヒル下に集合してください。名前を呼ばれたライダーからスタートヒルにステージングします。
  4. スタートゲートは毎ヒート指定された出走ゲートに入って頂き、走行します。これを3ヒート繰り返します。20分おきにレースが進行しますので、会場アナウンスにご注意ください。



レース運営ボランティアスタッフ募集のお願い

レースを実施する上でどうしても必要なスタッフを募集させて頂きたく思います。

エントリー時にボランティアスタッフ可能な方はお申し出お願い致します。

招集係2名、スタート係1名、コース内スタッフ3名、ゴール動画撮影係1名




BMXレースにおける新しいソリューションとして、当レースを開催いたします。今後のスタンダードとなることを期待し、皆でこのイベントに参加し、BMXレースを盛り上げましょう!

本大会はシンプルなレース運営をコンセプトにしております。そのためトランスポンダーを使用し、ゴール判定、モトシート作成をスムーズに実施するため、オーストラリアのBMXレース公式戦で運用されているソフトウェア”Sqorz”を利用します。


秩父滝沢サイクルパーク - 埼玉県秩父市 オフロード自転車専用フィールド

埼玉県秩父市大滝に位置する日本有数のオフロード自転車専用フィールド「秩父滝沢サイクルパーク」公式ホームページです。施設利用情報、イベント情報等のインフォメーションをご案内いたします。